ABOUT THE INDUSTRY

はじめに

建設系のお仕事と聞いてまず思い浮かべる内容は、

大工、とび職、左官、現場監督などではないでしょうか。

みなさんが知っている建設現場のメジャーなお仕事。

これらすべてを支えている。それが弊社メイン事業の『揚重』です。

 

バブル期に誕生したと言われている揚重のお仕事は、ニーズがどんどんと高まり、

「マグナムメイドサービスさんが動けないなら、工事の日ずらすわ」

というお声がかかるほど、建設現場において必要不可欠なものとなりました。

 

高齢化、複雑化しながらも素早い作業スピードが求められる建設現場は、

私たちマグナムメイドサービスの仕事から動き始めます。

 

私たちが動き出すことにより建設現場は回り始め、

私たちの働きは、施工計画通り、

もしくはそれよりも早く完工するかの重要な鍵を担っています。

 

私たちの揚重という仕事は、一番最初に動く歯車であり、

私たちのプロとしての仕事が、全体を円滑に回せるかどうか決めます。

IMG_3457●

具体的な仕事内容

現場へ届けられた内装工事の資材を、

施工計画通りに職人さんへ届けるお仕事です。

 

運搬するものは

 

・各種ボード

・LVL(切断、圧着した木材)

・キッチン部材

 

など、上記以外にも様々。

現場によって必要になるものは変わる為、

運搬する資材も多岐にわたります。

 

搬入計画から始まり、荷受、工事用EVを使っての資材搬入。

最後には、現場の清掃まで。

現場を支える揚重の仕事が、全体の流れを作っていきます。

 

『業者様から納品された資材を、決められた日時に、

決められた場所へ確実に運搬する』

とても当たり前のことですが、

現在では様々理由から困難なものとなっています。

揚重では、その当たり前を確実にこなすのが、

メインのミッションです。

 

玉掛け作業や、クレーン、

フォークリフト等を使っての運搬もありますが、

運ぶものは、ほぼすべて

人間の手で届けることができるものです。

私たちの手から手への働きが、職人さんとの連携が、

堅実かつ正確で安全な仕事へと繋がります。

IMG_3605●

揚重という仕事

ただ『荷揚げ』と聞くと、

簡単なお仕事のように思うかもしれません。

確かに、入社の段階では特別必要な資格はありません。

実際、未経験から入社される方がほとんどです。

ですが、『誰でもできる仕事か』と問われると

そうではないです。

 

特別な資格も、経験も、

はじめのうちは腕力が無くたって

問題ありません。

しかし、『チームで動くことができる』これは必須項目です。

 

各現場によって、規模も、搬入数も、

搬入ルートも方法も変わります。

それは、機械化が追い付けないほどに多種多様です。

 

一人一人の連携と助け合いが、

揚重という仕事の精度を高めていきます。

仕事の精度の高まりは、顧客満足度の向上に、

そして各スタッフの安全に繋がります。

 

私たちがいるから現場は回ると言っても過言ではないほど

建設現場において、重要なお仕事です。